調理器具を復活させるフッ素コーティング

駄目になった調理器具もフッ素コーティングで復活

フッ素コーティングの特徴

調理器具を使いやすくするために効果的なフッ素コーティングですが、熱や刺激に弱いだけでなく、その特徴は様々にあります。そんな特徴を把握しておくことで、長く調理器具を愛用する手段を知ることにもつながります。フッ素コーティングとはどんなものなのか、その特徴をご紹介しましょう。

復活させる方法は様々に

耐用年数が近づくとその効果が一気に落ちてしまうフッ素コーティングされた調理器具。しかし、もう駄目になってしまったと処分してしまうのは勿体ないもの。実はフッ素コーティングは復活させる方法があるのです。それも様々な方法があるのです。ご自宅でもできるフッ素コーティングの復活法、ご紹介します。

調理器具は使えば使うほど駄目になるのか

愛用の調理器具の焦げ付きが気になってきた。また、こびり付きやすく美味しい料理を作りづらくなってきた等ということがあるでしょう。このように調理器具が駄目になってしまう理由はどこにあるのか、その原因についてご紹介します。何気ない日頃の使い方が実は原因である場合があるのです。

なぜ駄目になってしまうのか

フッ素コーティングされた調理器具は大変便利なアイテムです。例えばホットプレートの場合、家族みんなで食卓を囲みながら調理を楽しみたいもの。そんなときに、フッ素コーティングされたホットプレートなら、小さなお子さんでもお好み焼きを上手にひっくり返す、またたこ焼きを丸くする等、誰でも食材が引っ付かずに楽しく美味しく楽しむことができます。
フッ素コーティングが無いなら油を引けばいい。しかし、フッ素コーティングが無いものなら油を引くとなりますが、この油が厄介です。油を引いたホットプレートはその後食材から出た水分が撥ねて、火傷をする危険があります。さらに油と水がはじけた雫が周辺に飛び散ってしまえば後始末が大変になってしまう等、家族みんなで美味しく楽しめるには、フッ素コーティングは大きな役割となるものです。
しかしフッ素コーティングが施されているはずの調理器具、使い続けているうちに、なんだか最近、焦げ付くようになったと感じることがあるもの。実は、フッ素コーティングは永遠ではありません。使い続けるうちに、フッ素コーティングがはがれ、その効果を失ってしまうものなのです。
愛着があり長く使い続けたい調理器具なら、フッ素コーティングが駄目になったからといって処分するには勿体ないものですが、心配はありません。フッ素コーティングは復活させることができるのです。フッ素コーティングは剥がれるだけでなく、油膜によっても効果を失うもの。調理器具にお湯を張って沸騰させることで、復活することがあります。しかし、それでも効果がない場合、それも諦める必要なし。
誰でもできるフッ素コーティングを復活させる方法について、ご紹介します。