調理器具を復活させるフッ素コーティング

駄目になった調理器具もフッ素コーティングで復活

>

調理器具は使えば使うほど駄目になるのか

高熱に弱い

フッ素加工された調理器具は、食材が調理器具の壁面に張り付かず、美味しく料理を進めることができる便利な器具です。油も少量で済むため、ダイエットや健康に配慮する人たちにもオススメの器具でもあります。
そんな調理器具ですが、施されたフッ素コーティングがはがれてしまうと、途端に使いづらさを感じてしまうデメリットがあります。
どうしてフッ素コーティングは剝がれてしまうのか。そもそもフッ素コーティングは、耐熱性の高い製品であるものの、300℃を超える高熱で空焚きすると剝がれやすい性質を持っています。調理の際に、一定の温度で食材を投入すれば食材が熱を吸って温度が下がるのですが、温度を超えるまで放置すると、すぐに300℃を超えてしまいます。これを繰り返すとフッ素コーティングがはがれやすくなってしまうのです。

刺激に弱い

フッ素コーティングは、温度と共に刺激にも弱い性質があります。例えばフライパンでの調理の際、食材を裏返すときにフライ返しを使うことがありますが、このフライ返しが金属だった場合、フライパンには強い刺激が加わっています。
フライ返しをフライパンの底面に当て、食材を返す。この際、食材とフライパンとの間に差し込んだフライ返しがフッ素コーティングに擦れ、刺激となってしまいます。そしてこの擦れが繰り返されると、フッ素コーティングはどんどん削れてしまうのです。また数回でなくても、一度の強い擦れでフッ素コーティングは剥がれてしまうこともあります。
金属の擦れに弱いフッ素コーティングされた調理器具は、シリコン製や木製の調理器具を使う方がオススメです。


この記事をシェアする