調理器具を復活させるフッ素コーティング

駄目になった調理器具もフッ素コーティングで復活

>

フッ素コーティングの特徴

フッ素コーティングとは

フッ素コーティングといわれる加工ですが、実はいくつかの種類があります。一般的に使われているフッ素コーティングとしては、ポリテトラフルオロエチレン、通称PTFEといったフッ素樹脂が使われていることが多いのです。
このフッ素樹脂ですが、製品と食材がくっ付かないようになる非接着性を持ち、加えて調理器具の耐熱性を高めるなど、調理に優れているといった利点があります。加えて、食材の匂いや水分を調理器具に浸透させず、食材同士の摩擦を少なくする効果もあります。
例えば魚料理をする場合、長く煮込むといった調理工程を経ると、調理器具を洗っても何だか魚臭さが残るといったことがありますが、フッ素コーティングされた調理器具ではそんな匂い残りが起こりづらいといった利点があるのです。

意外に短い耐用年数の原因

またフッ素コーティングされた調理器具を、例えば熱や金属の刺激に配慮して使用したとしても、寿命は来てしまいます。一般的にフッ素コーティングされた調理器具は、丁寧に使用してもおおむね3年を目途にメンテナンスすることがオススメされています。つまりフッ素コーティングされた調理器具の耐用年数は、2年から3年が目安ということです。
木製やシリコン製のフライ返しや菜箸を使用したとしても、調理の際にはどうしても摩擦や擦れは生じるもの。ましてや毎日料理をするなら、それが常に生じているということです。
加えて、調理器具を洗う場合においても刺激は生じます。例えば調理済みのフライパン、すぐに水につけて洗うと、急激な温度変化によってフッ素コーティングに刺激が生じます。しっかり洗おうと硬めのスポンジで洗っても刺激を受ける等、刺激はあらゆるところにあるのです。そのため耐用年数は2年から3年程になってしまうのです。


この記事をシェアする