調理器具を復活させるフッ素コーティング

駄目になった調理器具もフッ素コーティングで復活

>

復活させる方法は様々に

専門家にお願いする場合

フッ素コーティングが駄目になり、使いづらくなってしまった調理器具。特に、若い頃に思い切って購入した等、思い入れのある愛用の調理器具の場合には、使いづらいからといって処分するのは躊躇してしまうものです。
そんなフッ素コーティングが駄目になった調理器具、フッ素加工を請け負う会社に依頼することで、キレイに復活させることができます。
その調理器具の大きさによって金額が異なりますが、大きな物でも2,000円前後、またホットプレートや炊飯鍋なども3000円程度でフッ素コーティングすることが可能です。ただし、調理器具にフッ素コーティングしない部分があれば、それを外す作業が必要となります。例えば持ち手等は外すことが求められ、業者側でも行っていますが、別途手数料が掛かる場合があります。

自分でもできる復活方法

実はフッ素コーティングは、ご自身でも行うことができます。一般に市販されているフッ素加工アイテムを使用してご自身の調理器具に施してあげるだけで復活させられるのです。
簡単な使用方法としては、調理器具の汚れを、傷をつけないようかつキレイに洗い流した後、市販されているフッ素加工アイテムをその表面に塗布するだけ。製品によって多少、その工程に違いはありますが、塗布した後に調理器具を加熱してフッ素コーティングを馴染ませることで完了します。
手軽で誰でも簡単な方法ですが、フッ素コーティングを施す際には均一に滑らかになるよう配慮しなければ、その後の剥がれやすさを防止できません。多少なりとも手先が器用な方なら良いですが、そうではないという場合には業者に依頼するほうが賢明でしょう。


この記事をシェアする